スマートフォンWebサイトの作り方のポイント

スマートフォン専用を

スマートフォンの普及が進み多くの方が利用していますよね。スマートフォンは様々なアプリなどを利用することで従来の携帯電話を超えた働きをしてくれるものになるのですが、スマートフォンにおいてより便利になっているのはインターネットの利用でしょう。サイト提供者としてもスマートフォン利用者は非常に重要ですし、スマートフォンで使用されるブラウザに合わせた専用のサイトを作ることでより利用者に愛されるサイトにすることが可能です。

自分で作る場合には?

スマートフォン専用サイトを作る場合、業者に依頼する方法と自分で作る方法がありますよね。その場合に最も簡単なのはレスポンシブ・ウェブデザインを採用することです。レスポンシブ・ウェブデザインとは、パソコンやスマートフォンなど環境を問わず単一のHTMLで対応させるというものです。URLも端末によって変える必要が無いですし、管理が非常に楽なのが特徴と言えるでしょう。既存のサイトに関しても場合によっては対応させられる場合もあるので検討の余地ありです。

プロに依頼して本格的に!

自分で作るには時間も労力も必要ですし、そもそもサイト作成の知識がないと難しいものです。それをイチから始めるのは大変なのでプロの業者に依頼して作成してもらうという方法もあります。プロに依頼することで細かいデザインの注文もすることが出来ますし、SEO的にもPC版との連携が確実なので安心と言えるでしょう。また、業者によっては作成だけでなくサイトの管理についても対応してくれるケースもあるので、そういったアフターサービスを求める場合にもプロに依頼した方が本格的ですし安心になります。

スマートフォンサイト制作は、フリーソフトを用いたり、部分的に外部の業者にサポートを依頼したりすることで、さほどコンピュータに詳しくない人であっても、簡単なアプリを完成させることが出来ます。

素敵な飲食店を見つけられる!効果的なスマートフォンの使い方

飲食店の所在地を確認する事が可能

スマートフォンは基本的にインターネットを活用する事ができるので、飲食店の所在地などを確認する事ができますね。目指している飲食店がある場合でも、所在地を改めて確認する事でほとんど迷わないで目的の飲食店に目指していく事ができるでしょう。そして美味しい食事などを実施する事ができるので、魅力的な方法でもあるんですよね。近年のスマートフォンは操作性もシンプルになっているので、機械操作が苦手な方でも十分に使用する事ができますよ。

飲食店の評判なども確認する事が可能

気になる飲食店を見つける事ができた時にどのような評価を獲得しているのか気になる方も少なくないですよね。そこでスマートフォンを使用する事で、飲食店の評判を確認する事ができるので、素晴らしい飲食店なのか判断する事ができますよ。納得できない飲食店を利用してしまった場合には、精神的にも大きなショックを受けてしまいますよね。そのような事態を回避する為にもスマートフォンで飲食店の評判を調べる事は大切な事でもありますよ。

スマートフォンに対応しているサイトを運営

飲食店側にもスマートフォンに対応しているサイトを運営する事ができれば、多くの人もアピールする事ができるので、業績アップなどのメリットが発生するんですよね。お店の情報を積極的に公表する事で、このように素晴らしい情報を多くの人に伝える事ができますよ。近年はスマートフォンを使用している方が非常に多いので、多くの飲食店がスマートフォンに対応しているサイトを運営しており、アピールしている時代にもなっているんですよ。

昨今は企業のPRにはスマートフォンサイトが欠かせなくなってきています。スマートフォンに最適化されたページを作る事幅広いユーザーの囲い込みが行えます。

今や常識!履歴書の代わりとして活用するウェブ制作

ポートフォリオの重要性

昨今の求職活動においては、より即戦力かどうかが強く問われる時代になっています。相手からすれば「ようするに、あなたは何ができるの?」ということを問いたいわけです。なので面接では「なにか発表できるものはありませんか」なんてことを聞かれることは、珍しくない時代になりました。そんな時に役に立つのが「ポートフォリオ」と呼ばれる、自分の実績を証明するウェブページです。担当者も、型どおりに書かれた履歴書よりも、こうした自主制作の情報を重要視する傾向にあります。

こんなポートフォリオが受ける

とはいえ、単に学生時代にやったことを日記風に書いたって、何のアピールにもなりません。面接官の気持ちになってみてください。やはり採用する側が「あ、この人は、こんなことが出来るんだ」と理解できるような内容になっていないと、ポートフォリオの意味がありません。よくあるケースとしては、実際に作った(あるいは制作に関わった)プロジェクトを紹介したり、あるいは自分が制作したオープンソースを紹介したりするのが鉄板です。

どんどんアップデートしよう!

一度きりで終わってしまう履歴書と違い、ポートフォリオは、一生をかけて「育てる」ウェブサイトです。そこに新しい実績を加えれば加えるほど、あなたの市場での価値は高まっていきます。逆に言えば、ポートフォリオに自信を持って書き込めないようなプロジェクトには、足を突っ込まないほうが良い、なんてことも言えるかもしれませんね。ちなみに、個人でオープンソースなどをやっている場合、そういうプロジェクトは最強のポートフォリオのネタになります。仕事だけじゃなくて、個人プロジェクトを押し出すところに「自主性」が見られるからですね。

コーディングとは、プログラミング言語を使ってコンピュータが理解できるコードを記述する作業のことです。